「審査が楽になった!」患者さんの声をご覧ください。

総量規制により消費者金融など貸金業者での借入は年収の3分の1までに制限されるようになりました。そのため、多くの人が総量規制外でキャッシングができるローンへと流れています。総量規制外のキャッシングをするなら、どのローンがよいのでしょうか。

 

銀行が発行する銀行カードローンは年収による借入規制を受けない総量規制外のキャッシングとして人気が集まっています。もともと銀行カードローンは多くのメリットを持ったカードローンであり、総量規制外でも利用できることで今のキャッシング市場は銀行カードローンが中心となっているといっても過言ではないという状況です。

 

以前は消費者金融のカードローンと比較すると審査が遅いとか審査が厳しくて借りにくい、ハードルの高いというようなイメージがありましたが、最近の銀行カードローンでは即日融資を可能としているところも増えてきており、またATMの多さや提携ATM手数料0円などサービス・利便性も消費者金融に引けを取りません。

 

中には審査に慎重であったりまた利便性もそこまで高くない銀行カードローンももちろんまだまだあるわけですが、大手銀行の発行するカードローンやネット銀行のカードローンなどは比較的使い勝手のよい利便性の高いカードローンとなっている傾向にあります。審査の厳しさについても銀行によっては柔軟な姿勢のところもありますので、「銀行は私には敷居が高い…」とあきらめる前にまずは申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

収入証明書不要 キャッシング利用したい
続きを読む≫ 2014/09/02 10:15:02

主婦のキャッシングと一口にいっても、パートやアルバイトなどにより一定の収入のある主婦と、収入の全くない専業主婦とでは事情が違ってきます。専業主婦のキャッシングの場合には、総量規制により借りれない場合があるので注意が必要なのです。

 

総量規制が施行される前は、専業主婦でも配偶者に年収があれば問題なくキャッシングをすることが可能でしたが、年収のない専業主婦は総量規制で定めている「借入総額は年収の3分の1までに制限される」ことにより実質借入することができなくなりました。

 

総量規制の例外貸付けとして、「配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け」が例外として認められているものの、この配偶者同意貸付けには夫の側にも当然信用情報の調査が入り、夫の同意が無ければいけませんので内緒でキャッシングするということがまずできません。また、同意の他に結婚を証明する書類の用意が必要など配偶者同意貸付けにはめんどうな手続きが必要となってきます。

 

そのため、消費者金融側も配偶者同意貸付けについては事務手続きが煩雑になってしまうことから専業主婦への貸付け自体をやめてしまうところも増えてしまいました。専業主婦の方で夫の同意などが無くキャッシングできるとなると、あとは総量規制の影響を受けない銀行カードローンとなります。中には銀行カードローンでも専業主婦はNGとしているとこともあるのですが、30万円までなど金額に制限はあっても借りれる銀行カードローンもいくつかありますからあきらめないで下さいね。

 

オリックス銀行 審査対策まとめ
続きを読む≫ 2014/09/02 10:15:02

総量規制が定められている貸金業法というのはどういう法律なんでしょうか?貸金業法は2010年に改正貸金業法として完全施行されました。改正の目的としては多重債務者救済のため、この問題の解決と安心して利用できる貸金市場の構築を目指しているもので、総量規制はその中で過剰貸付けの抑制として返済能力を超える借入を抑制しています。

 

貸金業法の概要としては、貸金業法の適正化として純資産5,000万円以上の貸金業者でなければ貸金業を営むことができなくなるなど参入条件の厳格化や夜間に加え日中の執拗な取り立て行為など行為規制の強化といったこと、また、過剰貸付けの抑制として指定信用情報機関制度の創設と総量規制の導入、金利体系の適正化としてグレーゾーン金利の廃止と出資法の上限金利の20%に引き下げ、金利の概念、そしてヤミ金対策の強化などがあげられます。

 

貸金業法は貸金業者に対して適用される法律となっていて、消費者金融、信販会社、クレジットカード会社などといった金融機関がそれにあたります。つまり総量規制という決まりも、これらの業者に対してのみ適用されることになるわけです。

 

消費者金融などで借入をする際には、例えば法定金利のことや取り立て規制、総量規制のことなど、多少なりとも知っておいたほうがよい部分があります。特に総量規制に関しては借入に大きく影響をしてくることですから、対象となる貸付け、除外となる貸付けなどについては事前に知っておいて損は無いでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:15:02

カードローンを利用したいとネットで探していると、よく「総量規制対象外のカードローン!」や「銀行カードローンは総量規制対象外です!」といった言葉を見かけないでしょうか?総量規制対象外ということは年収により借入額に法的制限が無く借入することができるということですが、そもそも、総量規制対象となるのはどんな借入のことをさすのでしょうか?

 

まず総量規制対象となるのは「個人向け貸付け」という貸付けの形をとっているものです。貸付けにはいろいろあって、個人向け保証・法人向け貸付け・法人向け保証と個人向け貸付けの全部で4つの種類があるのですが、このうち総量規制の対象範囲は「個人向け貸付け」だけです。

 

さらに個人向け貸付けでも例えば不動産購入とか自動車担保貸付けなんかは総量規制の対象には入らずに除外貸付けと位置づけられています。そして顧客に一方的に有利となる借換え(おまとめローン)や緊急の医療費の貸付け、個人事業者に対する貸し付けなどといったものは総量規制の範囲ではあるけれど例外貸付けとして返済能力があると判断されれば貸付けが可能となります。

 

こうした例外や除外など対象外な貸付けに含まれないものが、総量規制の対象となる貸付けです。具体的にはどういう貸付けか、一例を挙げてみるなら消費者金融など貸金業者からの借入であり、借入目的が例えばショッピングや旅行・遊びなど自由で、個人的なキャッシングなどというところでしょうか。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:15:02

総量規制が始まってから、既に年収の3分の1を超える借入をしてしまっている人、多重債務者などは新たな借入ができなくなってしまい、お金が借りれず困ってしまった人も大変多くいました。多くの人がこうした状況となってしまうきっかけとなったこの総量規制、そもそもなぜ総量規制は始まったのでしょうか。

 

総量規制は改正貸金業法で定められましたが、改正の目的はそもそも多重債務者問題の解決と安心して利用できる貸金市場の構築を目指して制定されました。違法に高い金利に返済能力を超える貸付け、借金苦から自殺者も多く社会問題となっていました。そのため、総量規制を導入することで、自身の返済能力を超える借入を抑制することにしたのです。

 

グレーゾーン金利の撤廃と出資法の上限金利の20%への引き下げ、そして貸金業者への参入規制の強化などにより貸金業会は進化に近い変化を遂げました。しかし、多くの人は、総量規制が定められても返済能力を超える借入をしない方向に流れるのではなく、総量規制の対象とならないカードローン、つまり銀行カードローンへと流れていきました。

 

銀行カードローンも総量規制の影響を受けないとはいえ、審査はそもそも厳しいですから、審査において返済能力を超えるような貸付けはしません。ですが、法的に制限があるかないか、その点は利用者にとって思いのほか重要な意味を持つということのようです。

 

続きを読む≫ 2014/09/02 10:15:02